生物多様性とは

生物多様性とは何か

地球上の「生命の豊かさ」を表しています。

地球上における30数億年の生物の進化の歴史を通じて生まれてきた、今もなお全貌を知ることのできない膨大な数の生物種、個々の種が持つ遺伝子、様々な種が様々な環境のもとに作り上げる生態系を包含した、地球を地球たらしめる唯一無二の財産です。

生物多様性円グラフ

現在地球上には、知られているだけでも約174万種の生物が生息・生育しており、ヒトもその1種です。私たちが知らない生物はそれよりはるかに多く、10倍から100倍の種が存在するといわれています。それぞれの種は、かたちや性質ばかりか生育環境もさまざまです。生物多様性は、生命が誕生してから40億年もの長い間、絶滅が起こりながらも新しい種をつくりつづけた結果なのです。

生物多様性円グラフ

参考資料:Global Biodiversity −Status of the earth’s living resources, Chapman & Hall Global Diversity Asessment, Cambridge University Press より改変
イラスト制作:羽冨亜紀、福本陽子

生物多様性に関する当館の研究