5度目の挑戦、大きくなあれ!!巨大な!くさい!コンニャク日記 世界最大級の「花」ショクダイオオコンニャクの開花までを観察します。2019年11月6日67kgのコンニャクイモを植え付け! リンク リンク
国立科学博物館筑波実験植物園世界最大級の「花」といわれるショクダイオオコンニャクが2012年、2014年、2016年、2018年と開花しました。世界でも開花がまれで、しかも咲いて2日目には閉じ始めることから、花を見るチャンスはめったにありません。これまでの開花までの成長のようすや開花した姿をぜひごらんください。

ショクダイオオコンニャク
[Amorphophallus titanum]

ショクダイオオコンニャク
インドネシア・スマトラ島の限られた場所に生える、サトイモ科の希少植物。世界最大級といわれる「花」(1つの花のように見えますが、小さな花が集まった花序です。このように、花序全体がまとまって1つの花のように見えるものは「偽花」と呼ばれます)は、高さ3m直径1m以上にもなります。また腐った肉のような強烈な臭いを放ち、世界でもっとも醜い花とも呼ばれます。ギネスブックで認定された世界最大の記録は高さ3.1mで、今回どこまで大きくなるかが注目されます。
[2012年5月25日18時30分の様子]

始めはこんな姿でした

ショクダイオオコンニャク2019
2019年11月6日(水)撮影
ショクダイオオコンニャク2018
2018年5月14日(月)撮影

ショクダイオオコンニャク2016
2016年7月6日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2014
2014年4月23日(水)撮影

ショクダイオオコンニャク2012
2012年3月16日(金)撮影
ショクダイオオコンニャク成長日記

コンニャク日記 1月の成長のようす

2020年1月20日(月)朝 花粉採集の様子

1/19夕方、雄花から花粉を取るため、仏炎苞の一部を切りとり、雄花周辺に花粉採集用の道具をセットしました。
今回は人工受粉はせず、花粉を取る作業だけ行いました。
過去に人工授粉に取り組んだこともありますが、当園では成功していません。

1/20朝、道具を取り出す前の様子。
夜間に花粉が少しでていたようで、よく見ると、雄花から花粉が垂れ下がっている様子が見えました。

取り出したシリコンカップ。黄色いのが花粉です。

仏炎苞と付属体の間に靴の中敷をセット。その上にシリコンカップをセットしました。

中敷は、シリコンカップの土台、兼、花粉収集に使います。
靴の中敷は、仏炎苞と花の隙間のサイズに合わせてハサミでカットして使います。適度なやわらかさで、中を傷つけないので良いそうです。
また、黒だと落ちている花粉がよくわかります。

チークブラシで、雄花についている花粉を靴の中敷に落とします。

中敷を回収。

連続開花に導き、花粉採集3回目となるスゴ腕の技術職員がたどり着いた、ショクダイオオコンニャク用の花粉収集グッズ!

集めた花粉は、薬包紙2枚分に分け、いずれ行う人工受粉や研究用に長期保存します。

ショクダイオオコンニャクが1月18日開花しました!コンニャク新聞をダウンロード

次の記事へ前の記事へ