ヤツデ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤツデ 

学 名

Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch. var. japonica 

科 名

ウコギ科 Araliaceae 

旧科名

ARALIACEAE ウコギ 

園内の花

解 説

高さ1.5-3mの常緑低木。日陰でもよく育ち、株立ちする。葉は幹の上部に束生状に互生し、深緑色、うちわ形で深い切れ込みがあり、厚く皮状で光沢がある。白色の花を、枝先に数回花柄を分枝しながら伸ばした円錐花序のさきに、散形に多数つける。果実は翌年4-5月に黒く熟す。普通1果に5個の種子を入れ、よく発芽する。 

研究者ノート

多くの植物や昆虫にとって、冬は休眠の時期。でもわざわざそんな冬にあわせて花を咲かせる「変わり者」の植物がいます。園内各地に見られるヤツデはそのような植物の代表的なもので、この季節、白く小さな花がボール状に集まり、遠目からでもよく目立ちます。花からはたっぷりの花蜜が出て、ミツバチやハナアブ、キンバエといった昆虫に貴重な食糧を提供します。低木林区(低地性)にひっそりたたずむマルバノキも、今の時期、赤黒い星型の花を背中合わせに2つずつ咲かせます。こちらは遠目からは花が咲いていることにすら気づかない程小さく地味な花ですが、鼻を近づけてみると強い刺激臭があり、これでハエの仲間を誘っているようです。(奥山雄大) 

自然分布

本州(福島県以南)・四国・九州(南部)・琉球 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

園芸品種もあり、庭園樹や室内装飾の鉢物として利用される。薬用、飼料にも利用される。 

園内区画

常緑広葉樹林、研究部棟周辺、筑波山の植物、環境植栽 

「おすすめ」
登場回数

37

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 蕾

  • 花

  • 花

  • 雄花

    雄花
  • 雄花

    雄花
  • 雄花

    雄花
  • 花

  • 花

  • 花

  • 花