オオミネイワヘゴ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

オオミネイワヘゴ 

学 名

Dryopteris lunanensis (H.Christ) C.Chr. 

科 名

オシダ科 Dryopteridaceae 

旧科名

DRYOPTERIDACEAE オシダ 

園内の花

解 説

常緑性。根茎は斜上し、塊状。イワヘゴに似るが羽片の切れ込みは深く、浅-中裂で、羽片基部の裂片は羽軸まで切れ込む。葉の長さは約50cmになる。葉柄の鱗片は黒褐色で狭披針形、辺縁には小突起がある。胞子嚢群は中肋両側に、羽軸よりに1列に並ぶ。 

自然分布

本州(奈良県)・中国 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧ⅠA類 (CR) 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

和名は大峰イワヘゴで、産地による。 

園内区画

シダ植物 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉