シマホタルブクロ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

シマホタルブクロ 

学 名

Campanula microdonta Koidz. 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

全体に毛が少なく、花冠は小型で長さ30mm前後で白色、斑点が少ないか全くない。種子はほとんど翼がない。萼裂片の湾入部に反り返っている付属片は小型のものからないものまで変化に富む。初めは伊豆七島のものに命名されたが、後になって関東の太平洋岸に点々とあることがわかった。 

研究者ノート

ホタルブクロにマルハナバチがやってきます。先にオシベが熟し、次にメシベの柱頭が開くときにはちぢれているので、自花受粉しない仕組みになっています。蜜のある奥の部屋の入り口は狭く、この蜂は口吻を伸ばして吸うため、花粉が体毛に付いて送粉されます。大島を除く伊豆七島に小型の花のシマホタルブクロが見られるのは、大型のマルハナバチは分布せず、小型のハチや自家受粉によって種子繁殖を行うためのようです。本土の海岸付近には淡紅色~白花のホタルブクロが、標高が高くなるにつれ赤紫色のヤマホタルブクロが多く見られます。両者の区別点は、前者にはガク裂片の間に反り返る付属体があるが、後者には無いことです。近年、伊豆下田市須崎には葉が厚く光沢があって毛がほとんど無い白花のハマホタルブクロとソナレヤマホタルブクロが報告され、計5変種とも園内に植栽されたため中間形が生じています。(松本定) 

現場の目

名の由来は子供たちが捕まえたホタルをこの花で包んだことによりますが、そうして家に持ち帰ってホタルを蚊帳の中に放したのでしょう。ホタル自らがこの袋状の花に入り込む意味ではなさそうです。ホタルブクロは種子でも繁殖するが、つる枝で旺盛に増えます。庭に2-3株植えると3-4年後にはホタルブクロで埋め尽くされます。(中野好基) 

自然分布

北海道・本州・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

砂礫地植物(海岸性)岩礫地(海岸性)、圃場 

「おすすめ」
登場回数

2

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形