ツルニンジン(ジイソブ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ツルニンジン(ジイソブ) 

学 名

Codonopsis lanceolata (Siebold et Zucc.) Trautv. var. lanceolata 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

山野の林縁に生える、多年草。塊根は朝鮮人参に似ている。若いとき以外は、ふつう無毛。独特な臭いがする。茎はつる性で、長さ2m以上にもなり、葉とともに、傷つけると白色の乳液を出す。葉は側枝の先には3-4枚集まり、楕円形で薄い。裏面は白色を帯びる。枝先の葉の間から、鐘形で白緑色の花を1つずつぶら下げる。花冠の内側に紫褐色の斑点がある。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国・ウスリー・アムール 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

若葉は天ぷら、根は煮物などとして食する。根がニンジンの根のように太いことから名付けられたがセリ科のニンジンとは遠縁である。 

名前の由来

つる性植物で、根が朝鮮人参に似ていることから、ツルニンジンという名が付いた。花冠内の斑点をそばかす(ソブ)に見立てて、またバアソブよりも花が大きいことから、ジイソブという別名がついた。 

園内区画

温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花