セツブンソウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

セツブンソウ 

学 名

Eranthis keiskei Franch. et Sav. 

科 名

キンポウゲ科 Ranunculaceae 

旧科名

RANUNCULACEAE キンポウゲ 

園内の花

解 説

日本特産で、山地の木陰などに群生する小形の多年草。白く花弁のように見えるのは萼、花弁は糸状で二又に分かれた先端に黄色い密腺をつける。木の葉が茂って暗くなる5月頃には種子が散布され、地下の塊茎に栄養分を貯め、地上部は枯れて翌年の2月まで眠ってしまう春植物。 

研究者ノート

林床に十分光が入るこの時期に葉を開いて花を咲かせ、初夏までの間に養分を蓄えたのち、翌年の春まで姿を消してしまう植物をスプリング・エフェメラルと呼びます。地上部が短命であるようすから、「春のはかない命」と訳されます。これらの植物によって早春の林床は大変にぎやかになります。スプリング・エフェメラルのひとつ、“福寿草”が咲き始めました。その近くではセツブンソウが今にも落ち葉の下からつぼみを広げて姿をあらわそうとしています。*園内にあるのはフクジュソウとミチノクフクジュソウの雑種起源のフクジュカイ(福寿海)という園芸品種で種子ができません。栽培が容易で“福寿草”として栽培されているものの大部分はこの品種のようです。(松本定) 

自然分布

本州(関東地方以西) 

絶滅危惧ランク

準絶滅危惧 (NT) 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

属名のEranthis(エランティス)は、ギリシャ語で「春の花」の意。和名は早春に花を咲かせるのでついた。 

園内区画

岩礫地(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

33

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花