クロツバラ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

クロツバラ 

学 名

Rhamnus davurica Pall. var. nipponica Makino 

科 名

クロウメモドキ科 Rhamnaceae 

旧科名

RHAMNACEAE クロウメモドキ 

園内の花

解 説

落葉低木または小高木、高さ4-5m。は葉は対生またはやや対生で狭長楕円形または線状長楕円形。急尖頭で長さ5-12mm。雌雄異株、雄花は数が多く雌花は少ない。花は黄緑色で径約4-5mm。5-6月に咲く。ケクロツバラは葉裏に細毛があるものをいう。なお基本種var.davuricaは葉の幅が広く、シベリア東部ダフリア・中国(北部・東北)・朝鮮に分布する。 

自然分布

本州の(中北部)の山地。高原に産し北方大陸系の1種である。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

砂礫地植物(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 葉

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形
  • 全形

    全形
  • 樹皮

    樹皮