ハチジョウクサイチゴ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ハチジョウクサイチゴ 

学 名

Rubus nishimuranus Koidz. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

カジイチゴとクサイチゴの雑種と考えられている。地方により形状が異なることがあり、異名が多い。葉は3小葉よりなるが頂小葉はほとんど小柄がなく、基部はときに側小葉と合着する。側小葉も無柄で、しばしば2裂する。花は少数で上向して咲き、径約4cmの大型(三宅島のものによる)で、白色。果実はふつう成熟しないが、まれに実ることもあり、球形で大きく、橙黄色になり、カジイチゴの実の色に似ているといわれる。 

自然分布

本州(関東南部・伊豆七島・山口県)・四国(高知県)・九州(北部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(低地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花