ハマヒルガオ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ハマヒルガオ 

学 名

Calystegia soldanella (L.) R.Br. 

科 名

ヒルガオ科 Convolvulaceae 

旧科名

CONVOLVULACEAE ヒルガオ 

園内の花

解 説

地下茎は長く引き、茎は長く砂上にはう。ツル植物だが、あまりほかの植物に巻き付かない。葉は厚く光沢をもち、長さ2~4cmである。花は晩春に咲いて、二枚の包葉が5枚のがくを囲む。花冠は径4~5cmである。多年草である。 

自然分布

日本各地の海岸の砂浜/ヨーロッパ・アジア・太平洋諸島・アメリカ西海岸などの温帯から熱帯 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

浜に生えるヒルガオの意味。 

園内区画

砂礫地植物(海岸性) 

「おすすめ」
登場回数

7

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形