カクチョウラン(カクラン)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カクチョウラン(カクラン) 

学 名

Phaius tankervilleae (Banks ex L'He'r.) Blume 

科 名

ラン科 Orchidaceae 

旧科名

ORCHIDACEAE ラン 

園内の花

解 説

温帯常緑樹の下に生える。葉は厚く長楕円形、鋭尖頭で長さ70cm幅15cmになる。花は線状花序に数個付く。苞は倒被針形で開花時脱落する。花被片は多肉で狭長楕円形、長さ5cm、幅1-1.5cm。 

自然分布

種子島・屋久島・琉球/フィリピン・中国(南部・台湾)・インド・マレーシア・オーストラリア 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 

日本固有

筑波山分布

園内区画

熱帯資源植物温室、圃場、実験温室・準備温室 

「おすすめ」
登場回数

10

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花