カナウツギ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カナウツギ 

学 名

Stephanandra tanakae Franch. et Sav. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

山地に生える落葉低木。高さ2.5mに達する。幹は叢生し、枝は細く、無毛、上部は開出する。葉は3角状広卵形で先が尾状に伸びてとがり、基部は心形、長さ5-11cm、浅く3-5裂し、欠刻状の鋭鋸歯がある。表面も無毛、裏面は脈上と脈腋に軟毛がある。総状花序に花は白色で多数つける。種子は卵形、暗褐色で光沢がある。 

自然分布

本州(関東・中部地方の太平洋側・新潟県) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

低木林(高地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花 全形

    花 全形
  • 果実

    果実
  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉