カナメモチ(アカメモチ, ソバノキ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カナメモチ(アカメモチ, ソバノキ) 

学 名

Photinia glabra (Thunb.) Maxim. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

常緑小高木。5~6月、直径10cm程の花序に、直径1cm程で白い花を密につける。果実は直径5mm程の球形で、赤く熟す。新芽が赤い。 

自然分布

本州(東海以西)・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

主に生垣・農機具の柄 

名前の由来

扇のかなめを作ることに由来という説と、アカメの転訛したものという説がある。 

園内区画

シダ植物温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 全形

    全形