カラタチバナ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カラタチバナ 

学 名

Ardisia crispa (Thunb.) A.DC. 

科 名

サクラソウ科 Primulaceae 

旧科名

MYRSINACEAE ヤブコウジ 

園内の花

解 説

江戸時代に園芸的価値が高まって金を生む植物(金生樹)といわれた。果実は赤い。 

自然分布

日本(本州~琉球)、台湾、中国 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

赤い実を唐(から)からきた橘(タチバナ)にたとえて名付けられた。 

園内区画

温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花 葉

    花 葉
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実 葉

    果実 葉
  • 果実 葉

    果実 葉
  • 果実 葉

    果実 葉