カンスゲ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カンスゲ 

学 名

Carex morrowii Boott var. morrowii 

科 名

カヤツリグサ科 Cyperaceae 

旧科名

CYPERACEAE カヤツリグサ 

園内の花

解 説

日本特産のスゲで、美しく、最も普通の形をしている。幅1cmくらいの硬い濃緑色の葉と、高さ約30cmの細い花茎が密生し、茶色の雄小穂1個と、黄緑色の雌小穂5個ほどがある。染色体数は2n=38。 

自然分布

本州(福島県以南)・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

蓑や籠を作るのに用いられたことがある。葉に白い斑のある品種がシマカンスゲで、植えて鑑賞する。 

園内区画

岩礫地(海岸性)冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 全形

    全形