カントウタンポポ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

カントウタンポポ 

学 名

Taraxacum platycarpum Dahlst. var. platycarpum 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

旧科名

ASTERACEAE キク 

園内の花

解 説

葉は長さ20-30cm、披針形で羽状深裂する。花茎は上端に長毛を密生させ、花時に葉と同長か短い。頭花は3.5-4.5cmで、そう果は長さ4.5-5mmで淡黄-黄褐色。ヒロハタンポポとエゾタンポポとの中間型で、両者の交配からできたことが考えられるが、現在は両性生殖で独立した種である。 

自然分布

本州(関東地方・山梨県・静岡県) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

若葉は油炒め、おひたし、汁物、花は天ぷら、根はキンピラとして食する。日本の固有種。外来種のセイヨウタンポポも同様に食べられる。 

園内区画

温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花