ガマ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ガマ 

学 名

Typha latifolia L. 

科 名

ガマ科 Typhaceae 

旧科名

TYPHACEAE ガマ 

園内の花

解 説

浅い水底から直立する多年草で、高さ1.5-2mある。根茎は泥の中を横にはい、ふつう群生する。葉は線形で厚くて毛はない。花粉は4個が合着している。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州・北半球の温帯~熱帯からオーストラリアにかけて分布 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

花粉は蒲黄(ほおう)といい、傷薬として用いる。 

名前の由来

漢名は香蒲。 

園内区画

水生植物 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 葉