マサキ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

マサキ 

学 名

Euonymus japonicus Thunb. 

科 名

ニシキギ科 Celastraceae 

旧科名

CELASTRACEAE ニシキギ 

園内の花

解 説

北海道北部を除く日本全土・朝鮮・中国に分布する常緑小高木。緑白色の花をつける。果実は熟すと裂けて、赤橙色の種子がのぞく。 

自然分布

03 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

刈込みに強いので、生け垣によく用いられる。 

名前の由来

マサヲキ(真青木)、あるいは芽を土にさすとよく根づくところからメサシキの転じたものなどがある。 

園内区画

山地草原(低地性)砂礫地植物(海岸性)低木林(低地性)常緑広葉樹林暖温帯落葉広葉樹林1暖温帯落葉広葉樹林2温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 果実

    果実