マメヅタ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

マメヅタ 

学 名

Lemmaphyllum microphyllum C.Presl 

科 名

ウラボシ科 Polypodiaceae 

旧科名

POLYPODIACEAE ウラボシ 

園内の花

解 説

栄養葉は楕円形-円形で基物に張り付くように広がるシダ植物。胞子葉は狭いへら形で立ち上がる。葉は多肉質。乾燥に耐える。空中湿度の高いところを好む。 

自然分布

本州(東北地方南部(金華山以南)の岩上や樹幹上)マメヅタ属はインドから東アジア温暖帯、マレーシア地域に10種ほどが分布する。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

中国では咳止めや止血の薬 

名前の由来

学名のmicrophyllumは「微小な葉の」という意味 

園内区画

シダ植物、圃場 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 全形

    全形