ミズバショウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ミズバショウ 

学 名

Lysichiton camtschatcense (L.) Schott 

科 名

サトイモ科 Araceae 

旧科名

ARACEAE サトイモ 

園内の花

解 説

湿原やまばらな林下の湿地に大きな群落をつくって生える。花期は5-7月。花序は葉に先立って開き、花茎は高さ10-30cm。花は高さ約2mm、表面は径3.5-4mm。果序は長さ12cm、径5cmになり、液果は花軸に埋まり、緑色に熟す。葉は花後に生長して長さ80cm、幅30cmになる。 

自然分布

北海道・本州(兵庫県および中部以北の日本海側)・千島・カムチャッカ・樺太・ウスリー 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

水生植物 

「おすすめ」
登場回数

5

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花 全形

    花 全形
  • 花 全形

    花 全形
  • 全形

    全形
  • 全形

    全形