ミヤマクマワラビ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ミヤマクマワラビ 

学 名

Dryopteris polylepis (Franch. et Sav.) C.Chr. 

科 名

オシダ科 Dryopteridaceae 

旧科名

DRYOPTERIDACEAE オシダ 

園内の花

解 説

夏緑性。葉の長さは約70cmになる。オシダに似るがオシダに比して植物体が小型で各部とも繊細。葉柄の鱗片は黒褐色でごく薄い紙質、形は多様で狭披針形-長卵形、全縁、狭いものは辺縁に糸状突起がある。中軸にも鱗片が密につき、幅が狭く、辺縁は淡褐色の縁取りがあり、毛状の突起がまばらにある。根茎は太くて短く、ほぼ直立。胞子嚢群は葉身の先の部分につき、裂片の辺寄りに1列に並び、全縁の包膜をもつ。染色体数はn=41の2倍体。 

自然分布

本州・四国・九州(最南部を除く)・朝鮮 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

岩礫地(山地性)シダ植物 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉 全形

    葉 全形