ナンタイシダ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ナンタイシダ 

学 名

Dryopteris maximowiczii (Baker) Kuntze 

科 名

オシダ科 Dryopteridaceae 

旧科名

DRYOPTERIDACEAE オシダ 

園内の花

解 説

夏緑性。根茎は短いが横走し鱗片をつける。葉枝は長さ20-35cm。黄褐色だが基部では赤褐色となる。光沢があり鱗片がある。葉身は5角状卵形、三回羽状深裂から複生、長さ幅ともに20-25cm。最下羽片が最大。染色体数はn=41の2倍体。 

自然分布

本州(東北地方南部から近畿地方)の温帯林の林床。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

筑波山の植物、圃場 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 全形

    全形