ナンテン

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ナンテン 

学 名

Nandina domestica Thunb. 

科 名

メギ科 Berberidaceae 

旧科名

BERBERIDACEAE メギ 

園内の花

解 説

高さ1-3mの落葉低木。茎は肥大成長せず、あまり太くならない。葉は3回3出葉でやや密生し、小葉は長さ3-7cmの披針形で、やや革質、光沢がある。芽吹きの時期や秋から冬にかけて赤くなる。茎の先の円錐花序に白い花を多数つける。 果実も多数つき、直径6mm程の球形で、秋から冬にかけて赤く熟す。果実が白色や紫色の園芸品種がある。 

自然分布

本州(茨城以西)・四国・九州・中国・インド 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

薬用、観賞用 

名前の由来

中国名「南天燭」の略称 

園内区画

低木林(低地性)常緑広葉樹林絶滅危惧植物温帯資源植物 東筑波山の植物中央広場 

「おすすめ」
登場回数

45

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 葉