ネコノシタ(ハマグルマ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ネコノシタ(ハマグルマ) 

学 名

Wedelia prostrata (Hook. et Arn.) Hemsl. var. prostrata 

科 名

キク科 Asteraceae/Compositae 

旧科名

ASTERACEAE キク 

園内の花

解 説

熱帯-温帯に育成し、海岸の砂地に生える多年草。茎は長く地をはい、節から根を下ろす。葉は対生し、ふつうは長楕円形、厚く、短い剛毛が有る。頭花は傾斜した茎の上に1個つく。そう果は花床の鱗片に包まれ、先は切形で下部は次第に狭くなる。冠毛ははじめは短い環状で縁は不ぞろいに裂け2剛毛があるが、熟すとやや不明となる。 

自然分布

本州(関東-北陸地方以西)・四国・九州・琉球・小笠原、朝鮮・中国・台湾・ベトナム 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

薬用 

名前の由来

葉が厚く、短い剛毛があって、猫の舌のようにざらつくため。 

園内区画

砂礫地植物(海岸性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉