ネコノチチ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ネコノチチ 

学 名

Rhamnella franguloides (Maxim.) Weberb. var. franguloides 

科 名

クロウメモドキ科 Rhamnaceae 

旧科名

RHAMNACEAE クロウメモドキ 

園内の花

解 説

落葉小高木。葉は互生し倒卵状長楕円形。長さ5-13cm、幅2.5-4.5cm。葉の表面は深緑色。5-6月頃黄緑色の花が咲く。果実は円柱楕円形で長さは8-10mm黄色からさらに熟して黒となる。 

自然分布

本州(岐阜県以西)・四国・九州/朝鮮(南部)/神奈川県保土ヶ谷にもあるが異例の野生地である。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

果実の形をネコの乳首に見立てたことから。 

園内区画

暖温帯落葉広葉樹林1暖温帯落葉広葉樹林2 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実