ネズコ(クロベ)(クロビ, ゴロウヒバ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ネズコ(クロベ)(クロビ, ゴロウヒバ) 

学 名

Thuja standishii (Gordon) Carrie`re 

科 名

ヒノキ科 Cupressaceae 

園内の花

解 説

高さ30mほどの常緑高木。亜高山やブナ帯の岩場等に生える。赤褐色の樹皮をもち、縦に割れ、薄くはがれる。葉は対生し、鱗片状でヒノキに似るが、厚く、腺点があり裏側は気孔群があるため灰白色をしている。雌雄同株で、枝先に1個の雌花または雄花をつける。果実は広卵形-楕円形で、種子は線状楕円形で両側に翼がある。 

自然分布

日本(本州・四国) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

材は耐腐朽性が高く、高木となるため庭木や建築材、船舶などの材料として利用される。ネズコとも称される。 

名前の由来

心材が黒みを帯びていることに由来する。 

園内区画

砂礫地植物(山地性)低木林(高地性)岩礫地(山地性)温帯性針葉樹林冷温帯落葉広葉樹林温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉