ネズミモチ(ネズミノコマクラ, ネズミノフン, タマツバキ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ネズミモチ(ネズミノコマクラ, ネズミノフン, タマツバキ) 

学 名

Ligustrum japonicum Thunb. 

科 名

モクセイ科 Oleaceae 

旧科名

OLEACEAE モクセイ 

園内の花

解 説

常緑小高木。葉は長さ4~8cmの楕円形。6月に白い花をつける。果実は楕円形で黒く熟す。 

自然分布

本州(関東以西)・四国・九州・台湾 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

生垣、庭園樹に利用。果実や樹皮は薬用に用いる。 

名前の由来

果実が鼠の糞に似て、枝葉がモチノキに似るために名付けられた。 

園内区画

低木林(低地性)常緑広葉樹林シダ植物筑波山の植物、実験温室・準備温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉