ノカンゾウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ノカンゾウ 

学 名

Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta 

科 名

ワスレグサ科 Xanthorrhoeaceae 

旧科名

LILIACEAE ユリ 

園内の花

解 説

多年草。溝の縁や野原に生える。根茎は長く這っており、根にふくらみをもつことがある。花茎は高さ50-70cm、上部に小型の苞がつく。葉は長さ50-70cm、幅10-15mm。花期は7-8月。花序は2分してそれぞれに10花内外が開く。花被片は橙赤色でほぼ同形、長さ7-8cm、先はやや反り返る。花筒は長さ2-4cmで多種よりはるかに長いのが特徴。結実することは少ない。 

自然分布

本州・四国・九州・琉球・中国・台湾 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

酢みそ和え、おひたし、天ぷら、炒め物として食する。中華料理の具材として利用される。乾燥させたつぼみは保存食にもなる。 

名前の由来

原野に多いのでノカンゾウという。 

園内区画

砂礫地植物(山地性)岩礫地(海岸性)温帯資源植物 東、圃場 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 葉

  • 全形

    全形
  • その他

    その他