ノビル

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ノビル 

学 名

Allium grayi Regel 

科 名

ヒガンバナ科 Amaryllidaceae 

旧科名

LILIACEAE ユリ 

園内の花

解 説

多年草。原野や道ばたにはえる。葉は長さ20-30cm、幅2-3mmで線形、中空で断面は三日月形である。鱗茎は球形で径約15mm、2-4個の葉が出る。5-6月に高さ40-60cmの花茎が立ち、頂に散形花序がつくが、はじめは総苞に被われてくちばし状になる。花被片は卵状長楕円形で6個、長さ4-6mm、白色か微紅色を帯びる。花序のうち、花の一部または全部が球芽に変わるものがある。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州・琉球・朝鮮・中国・台湾 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

鱗茎は食用にされ、春の摘み草の一つである。 

名前の由来

和名は野にはえる蒜で、蒜はネギ、ニンニク類の総称である。 

園内区画

温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実