レンリソウ(連理草)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

レンリソウ(連理草) 

学 名

Lathyrus quinquenervius (Miq.) Litv. 

科 名

マメ科 Fabaceae/Leguminosae 

旧科名

FABACEAE マメ 

園内の花

解 説

多年草。湿った草地にはえる。直立して高さ約80cmに達する。小葉は対生し狭長楕円形で長さ5-10cm。紫色の花は総状花序に4-8つく。豆果は広線形。染色体数2n=14. 

自然分布

本州・九州/東アジア温帯 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

若芽や豆果や豆は食用にできる。 

名前の由来

小葉の対生する様子にもとずく。 

園内区画

山地草原(低地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花