サキシマツツジ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

サキシマツツジ 

学 名

Rhododendron amanoi Ohwi 

科 名

ツツジ科 Ericaceae 

旧科名

ERICACEAE ツツジ 

園内の花

解 説

常緑低木で、高さ1-2m。若枝は腺毛と剛毛が混生する。葉は厚く、革質、葉柄は3-10mm、長い剛毛が密生。葉身は長楕円形、狭楕円形形、長さ2-6cm、幅1-1.5cm、裏面、縁に伏した長毛がある。3-6月に枝先より1-3個の花をつける。萼片は5枚で、披心形。花冠は赤色、上側内面に濃色の斑点があり、無毛、やや肉質。 

自然分布

琉球(石垣島・西表島)の川岸や林縁にはえる。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

熱帯山地雨林室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花