サワギキョウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

サワギキョウ 

学 名

Lobelia sessilifolia Lamb. 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

山野の湿地などに生える多年草で、しばしば群生する。全体に無毛で、高さは1m位になる。茎は太く中空で、長さ4-8cmの披針形の葉を密につける。茎の上部30cm位が総状花序となり、下から順に花をつけていく。花冠が鐘状に5裂したキキョウの花とは形がだいぶ異なり、シソ科やゴマノハグサ科の植物のように2唇形をしていて、上唇が2裂、下唇が3裂している。長さは3cm位で、陽光の下で見ると浮き上がるような濃紫色が鮮やか。 

自然分布

北海道、本州、四国、九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

水生植物 

「おすすめ」
登場回数

5

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花