シコウカ(ヘンナ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

シコウカ(ヘンナ) 

学 名

Lawsonia inermis L. 

科 名

ミソハギ科 Lythraceae 

旧科名

LYTHRACEAE ミソハギ 

園内の花

解 説

幹は高さ3-6mに達し、樹皮は浅く縦に裂け緑褐色。葉は対生する。花は径約7mmで花弁は4枚で普通白。時に薄紅、薄緑色がある。果実は蒴果で多くの種子がある。 

自然分布

南西アジア原産 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

熱帯地方では広く栽培され、生垣にも用いられる。日本では観賞用に温室で栽培される。葉は黄色の染料として使われるか、切り傷の手当てに。繁殖は実生か挿し木。 

園内区画

熱帯資源植物温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実