タニムラアオイ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

タニムラアオイ 

学 名

Asarum leucosepalum Hatus. ex Yamahata 

科 名

ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae 

旧科名

ARISTOLOCHIACEAE ウマノスズクサ 

園内の花

研究者ノート

別名シラユキカンアオイ。琉球列島、徳之島の固有種。林床の石灰岩土壌に生育します。1994年に新種として記載されました。萼裂片が白くなることが種の特徴で、和名の「白雪寒葵」は白い花に由来します。ハツシマカンアオイの変種とされることもあります。徳之島でも2つの産地しか知られていませんが、あまり調査が進んでおらず、環境省からは絶滅危惧植物に指定されていません。(國府方吾郎) 

自然分布

日本(徳之島) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

絶滅危惧植物 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉