タヌキラン

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

タヌキラン 

学 名

Carex podogyna Franch. et Sav. 

科 名

カヤツリグサ科 Cyperaceae 

旧科名

CYPERACEAE カヤツリグサ 

園内の花

解 説

山地の湿った斜面の岩場にはえる多年草。茎は太く、高さ30-100cm。葉は柔らかく、幅5-10mm。小穂は3-6個つけ、そのうち上部は雄性。 

自然分布

北海道(西南部)・本州(中部以北) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

花穂を狸の尾に見立てたもの。 

園内区画

岩礫地(山地性) 

「おすすめ」
登場回数

3

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 全形

    全形