チカラシバ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

チカラシバ 

学 名

Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng. 

科 名

イネ科 Poaceae/Gramineae 

旧科名

POACEAE イネ 

園内の花

解 説

平地や道ばたで大きな株をつくる多年草。葉は線形。開花は8-11月。花穂は円柱形で直立し、10-15cm、暗紫色。小穂は披針形、約7mm。 

自然分布

北海道(西南部)・本州・四国・九州・琉球/東アジア・インドネシアに分布。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

「力芝」で、引き抜きにくいため。 

園内区画

山地草原(低地性) 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形