チシマヒメドクサ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

チシマヒメドクサ 

学 名

Equisetum variegatum Schleich. ex F.Weber et D.Mohr 

科 名

トクサ科 Equisetaceae 

旧科名

EQUISETACEAE トクサ 

園内の花

解 説

常緑性。個体数が少なく、危急種である。渓流近くの湿った草地などに生じる。地下茎は地中を這い、地上茎は鮮緑色で同形、枝を出さない。葉鞘は最初緑色でのちに黒色、歯片は6-8個で宿存性、暗褐色で鋭三角形、白膜縁。胞子嚢穂は茎に頂生して、頂部に突起をもつ。染色体数は2n=216と言われる。 

自然分布

北海道・ロシア・ヨーロッパ・北アメリカ 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧ⅠA類 (CR) 

日本固有

筑波山分布

園内区画

砂礫地植物(山地性)、圃場 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉 全形

    葉 全形