ヤエヤマオオタニワタリ(シマオオタニワタリ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤエヤマオオタニワタリ(シマオオタニワタリ) 

学 名

Asplenium setoi N.Murakami et Seriz. 

科 名

チャセンシダ科 Aspleniaceae 

旧科名

ASPLENIACEAE チャセンシダ 

園内の花

解 説

常緑性のシダ植物。胞子嚢群の長さは葉軸と葉縁の間の2分の1以上になることはない。葉柄基部の鱗片はほぼ戦場でわずかに被針形のものも混じりまた多くは基部から長い毛状のものを数本出す。山地の樹幹や岩上に着生。 

自然分布

九州(鹿児島県屋久島・種子島以南)・小笠原/台湾・中国・香港・フィリピン・東南アジアの各国・ヒマラヤ・マダガスカル・ミクロネシア・ポリネシア 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

圃場、水生植物温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 全形

    全形
  • 全形

    全形
  • 全形

    全形