ヤクヨウサルビア(コモンセイジ) ‘レッド・セイジ’(セージ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤクヨウサルビア(コモンセイジ) ‘レッド・セイジ’(セージ) 

学 名

Salvia officinalis L. ‘Purpurascens’ 

科 名

シソ科 Lamiaceae/Labiatae 

園内の花

解 説

高さ60cmほどの常緑亜低木。耐寒性があり、全草に軟毛が密生する。葉は灰緑色で楕円形、有柄、表面はざらつき黄色覆輪がは入り、香りがある。茎頂および葉腋から、唇形の花を咲かす。古くから香草として欧米で栽培されている。 

自然分布

南ヨーロッパ(原種) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

のどの痛みに効くハーブティーとして利用される。 

名前の由来

葉が紫紅色をおびていることから。 

園内区画

温室周辺 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花