ヤツシロソウ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤツシロソウ 

学 名

Campanula glomerata L. var. dahurica Fisch. ex Ker Gawl. 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

山野や丘陵にはえる、高さ40-80cmの多年草。全体にあらい毛があり、根茎は短く、茎は直立する。茎葉は互生し、下部のものは翼のある長い葉柄を持ち、上部のものは葉柄が無く、茎を抱く。茎頂に10個前後の紫色の花を上向きに集まってつける。ヨーロッパにある母種より小さい。 

自然分布

九州、朝鮮・中国(東北)・シベリア(東部) 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧ⅠB類 (EN) 

日本固有

筑波山分布

利 用

観賞用 

名前の由来

熊本県八代が産地であることからヤツシロソウとついた。 

園内区画

山地草原(高地性) 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花