ヤマウルシ(キウルシ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤマウルシ(キウルシ) 

学 名

Rhus trichocarpa Miq. 

科 名

ウルシ科 Anacardiaceae 

旧科名

ANACARDIACEAE ウルシ 

園内の花

解 説

山地の林内に生え、高さ3~8mになる落葉小高木。葉は長さ25~50cmで互生し、奇数羽状複葉で、幹の上部に輪生状につく。ウルシに似ているが、最下部の小葉が他の小葉より小さい。葉腋から長さ15~25cmの円錐花序をだし、黄緑色の小さな花を多数つける。核果はウルシと異なり直径5~6mmの扁球形、表面に短い毛がある。雌雄異株。秋の紅葉は美しい。触れるとかぶれる。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、南千島・朝鮮・中国 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

果実から蝋を製する。 

名前の由来

山に生育する漆の木。 

園内区画

冷温帯落葉広葉樹林 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 果実 葉

    果実 葉
  • 葉

  • 葉

  • 紅葉

    紅葉
  • 紅葉

    紅葉
  • 紅葉

    紅葉