ヤマオダマキ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヤマオダマキ 

学 名

Aquilegia buergeriana Siebold et Zucc. var. buergeriana 

科 名

キンポウゲ科 Ranunculaceae 

旧科名

RANUNCULACEAE キンポウゲ 

園内の花

解 説

山地の林縁や道端の草むらに生える多年草で双子葉植物。根出葉の葉柄は長さ15-25cm。第1小葉柄は3.5-6cm、第2小葉柄は1.5cm以下。花は径3-3.5cm、花弁は黄色で長さ1.2-2.5cm。袋果には細い枯毛がある。オダマキ属は約70種が北半球に広く分布。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

観賞用に栽培される。 

園内区画

山地草原(高地性) 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花