イソマツ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

イソマツ 

学 名

Limonium wrightii (Hance) Kuntze var. arbusculum (Maxim.) H.Hara 

科 名

イソマツ科 Plumbaginaceae 

旧科名

PLUMBAGINACEAE イソマツ 

園内の花

解 説

海岸沿いの乾燥した琉球石灰岩に生育する。小低木状の多年草。茎は太くて短く枝分かれする。倒披針形の葉は枝の先端に多数集まる。質は厚い。花茎をのばして小穂を円錐状につける、花冠は紫紅色。薬として利用されるため、採取により個体数が減少している。沖縄・台湾には花が黄色いウコンイソマツもいる。 

自然分布

伊豆七島・屋久島以南・小笠原/台湾 

絶滅危惧ランク

絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 

日本固有

筑波山分布

利 用

南西諸島には茎や葉を関節炎に用いる。 

園内区画

圃場、水生植物温室 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花 葉

    花 葉
  • 花 葉

    花 葉
  • 花 葉

    花 葉