キバナアキギリ(コトジソウ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

キバナアキギリ(コトジソウ) 

学 名

Salvia nipponica Miq. var. nipponica 

科 名

シソ科 Lamiaceae 

旧科名

LAMIACEAE シソ 

園内の花

解 説

山の木陰に生える、高さ20-40cmの多年草。根は一部紡錘状に肥大するものもある。茎は四角で基部がやや倒伏し、葉は有毛の長い柄を持ち三角状ほこ形。長さ10-20cmの花穂に、淡黄色で大きく開口した唇形の花が咲く。葉が3全裂したものをミツバコトジソウと呼ぶ。 

自然分布

本州・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

若芽は食用にされる。 

園内区画

岩礫地(山地性)筑波山の植物、圃場 

「おすすめ」
登場回数

19

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花