ツリガネニンジン(トトキ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ツリガネニンジン(トトキ) 

学 名

Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara 

科 名

キキョウ科 Campanulaceae 

旧科名

CAMPANULACEAE キキョウ 

園内の花

解 説

各地の山野に生え、変異の多い多年草。高さ30~90cmで全体に毛がある。根や根茎は太く、長い柄のある根生葉は、花時には枯れ落ちる。茎葉は節ごとに3~6枚が輪生して、茎頂に輪生または互生する小枝に、白ないし青紫色の釣鐘型の花を1-数個、下向きに咲かす。母種はサイヨウシャジンで花冠のさきが広がらない。 

現場の目

東北のある山で、登山道に転がっていた芋状の白い根を拾いました。2年後3枚の葉を輪生につけた芽がでてきました。それはツリガネニンジンでした。6月下旬生長点が星型に変わり、7月になると急に伸び出し、花蕾を輪状につけました。花は淡紫色、下向きで花柱が花冠から突き出ています。1年間芽を出さず、2年後に芽を出し花が咲くとは、自然界の植物は強いものです。(中野好基) 

自然分布

北海道・本州・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

古名トトキは若苗のことをいって食用にする。根は漢方薬で有名。 

名前の由来

花の形と太い根に基づく。 

園内区画

山地草原(高地性)砂礫地植物(海岸性)岩礫地(山地性)岩礫地(海岸性)温帯資源植物 東筑波山の植物、圃場 

「おすすめ」
登場回数

11

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花