イタチハギ(イタチハギ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

イタチハギ(イタチハギ) 

学 名

Amorpha fruticosa L. 

科 名

マメ科 Fabaceae/Leguminosae 

園内の花

解 説

落葉性の低木で、樹高は1-3m。葉は奇数羽状複葉で6-15対つける。小葉はふつう卵形から長楕円形で、先端は微突形。4-7月に開花し、総状花序を枝先に3-5個つける。花は長さ5-7mm、濃紫色で、翼弁と竜骨弁を欠く。豆果は扁平で、狭楕円体、表面に多数の蜜線を持つ。 

自然分布

アメリカ合衆国原産 

帰化分布

北海道・本州・四国・琉球に野生化し群生することも多い。 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

温帯資源植物 中央 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花