イヌザクラ(シロザクラ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

イヌザクラ(シロザクラ) 

学 名

Prunus buergeriana Miq. 

科 名

バラ科 Rosaceae 

旧科名

ROSACEAE バラ 

園内の花

解 説

山野に生える落葉高木。高さは10~15mになる。樹皮は光沢のある暗灰色で皮目が点在し、枝とともに臭気がある。葉は互生し、長さ5~10cmの長楕円形で先は鋭尖形、基部はくさび形または円形。細く鋭い鋸歯がある。前年枝から総状花序を出し、直径5~7mmの白色の花を多数開く。花序は長さ5~10cm。花弁は5個、雄しべは12~20個あり、花弁より長い。果実は卵円形で黄赤色から紫黒色に熟し、基部に萼が残る。 

自然分布

本州・四国・九州の山地または丘陵地 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

山地草原(高地性)砂礫地植物(山地性)温帯性針葉樹林シダ植物温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

5

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 樹皮

    樹皮
  • 紅葉

    紅葉