イランイランノキ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

イランイランノキ 

学 名

Cananga odorata Hook.f. et T.Thoms. 

科 名

バンレイシ科 Annonaceae 

旧科名

ANNONACEAE バンレイシ 

園内の花

解 説

常緑高木で高さ10mにも達する。全体的に無毛で,葉は互生,葉柄は長さ5-10mm,葉身は卵形から長楕円形で長さ10-25cm。8月ごろ葉腋に1-6個の花をつける。花弁は6枚,細長い披針形で,はじめ緑色だが,だんだんと黄緑色になる。分果は液質で熟すと黒くなる。 

自然分布

琉球(西表島・波照間島)の石灰岩上に生える。台湾・フィリピン 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

花に芳香があり,香油ilang-ilang oilをとるため,アジアの熱帯で広く栽培されている。 

園内区画

熱帯資源植物温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 樹皮

    樹皮