イワボタン(岩牡丹)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

イワボタン(岩牡丹) 

学 名

Ariocarpus retusus Scheidw. 

科 名

サボテン科 Cactaceae 

園内の花

解 説

低山帯の沢沿いのやや暗い水湿地に生える。根出葉は広卵形-狭卵形で明らかな柄をもち、花時にも残存する。走出枝は花後伸長し、先端付近には基部のものよりも大きな葉を数対つける。茎葉は卵円形-卵状楕円形。葉身は長さ0.5-5cmで基部はくさび形。花期は4月。花は径3-4.5mm。 

自然分布

本州(関東以西の太平洋側)・四国・九州 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

園内区画

サバンナ温室、実験温室・準備温室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花 全形

    花 全形