ウキヤガラ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ウキヤガラ 

学 名

Bolboschoenus fluviatilis (Torr.) Soja'k subsp. yagara (Ohwi) T.Koyama 

科 名

カヤツリグサ科 Cyperaceae 

旧科名

CYPERACEAE カヤツリグサ 

園内の花

解 説

浅い水中に群生する高さ1~1.5mの多年草。茎の下方に葉がつき、基部は球状に肥厚する。葉は幅5~10mmで長く伸びる。花序は茎の先に散房状につき、基部に数個の長い苞葉を広げる。花期は7~10月。 

自然分布

北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国(本土・台湾)・北アメリカ 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

和名は、冬に枯れた茎が水に浮く姿を矢幹(やがら)にたとえたものという。 

園内区画

水生植物 

「おすすめ」
登場回数

1

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 果実

    果実
  • 葉

  • 葉